Ken's fishing report

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015. 7.12  東京湾〜夏タチウオ

<<   作成日時 : 2015/07/17 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長谷川丸/新安浦港 金谷沖〜大貫沖
タチウオ 1尾(75cm)、船中1〜6尾

東京湾でタチウオ釣りが賑わっているらしい。
ここ数日の釣果は一桁台に落ちているようだが、
梅雨の晴れ間を狙って行ってみた。

半日釣りで空いていそうな(?)釣船として
新安浦港の長谷川丸をチョイス。

7時過ぎ、釣り客5人で出港。
金谷沖、水深約120mからスタート。
房総は靄っていて遠く見える。
既に20隻ほど集結している。
画像

仕掛はハリス1.5m、1本針、サバ切り身エサ。
タナは底から20mほど。
なかなかアタリが来ない。

他の船では小型ながらポツリポツリ上がっている。
一度目のアタリは喰わせきれず、逃げられた。
二度目、底10mで辛抱強く対応して喰わせたが、
巻き上げる途中で外れてしまった

船長から「針を大きくした方がフトコロが深い分、掛りがいいよ」
とアドバイスを頂いたが、小さい魚には小さい針のセオリーを守って、
そのまま釣り続行。

オデコのまま、9時50分、浅場のポイント大貫沖へ移動。
水深は20mほど。
潮は茶色く濁っており、期待は・・・・・

船長見習い中という若い仲乗りさんが、
ルアータックルを持ち出し、ミヨシでキャストし始めた。

エサ釣りと違い、横に広く探れるので浅場では有効だ。
しばらくすると、ルアーにヒット!

魚はいるらしいが、こちらにはアタリが無い。
船長から「チマチマと誘うしかないよー」と激励(?)の声が掛かる。

さっきから「チマチマ」と誘っているんですけどねー・・・
それでもアタリはない。

ルアーにはポチポチヒットしている。
(次回はルアーも持参するか・・・)

見かねた船長。
「エサが乾いちゃったねー」と言いながら、新鮮なサバの切り身を置いていく。

美味しそうなサバの刺身(?)に付け替えた途端、
当たった―!
オデコを免れ、ホッと一安心

その後、期待を膨らませるも時間切れで終了。
仲乗りさんが釣った6本の中、2本を分けていただいた

久しぶりの塩焼き。
小型ながら、やっぱり旨かった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015. 7.12  東京湾〜夏タチウオ Ken's fishing report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる